パチ屋にハマった人妻に中出し不倫小説

パチ屋にハマった人妻に中出し不倫小説 スマホ向けエロ体験談 エロ話JAPAN


エロ話やエッチな体験談をまとめたエロブログ!!


スマホ向けエロ体験談 エロ話JAPAN --> パチ屋にハマった人妻に中出し不倫小説





記事No.625:日付(2016-04-02)
カテゴリ:エロ話

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

会社帰りにパチ○コ屋に寄った時の話。
その日は結構順調でスロットで1箱位出していた。
その隣で40歳位の主婦っぽい女の人が結構ハマっていた。
「うわ~、この人いくら突っ込んでんだろ。」と思いながら見ていた。
すると「お兄さん、3000円貸してくれない?必ず返すから!」と突然話しかけてきた。
もちろん俺は断った。
それでもこの女は諦められない様で、「出たら利子付けて返すから、ダメ?」としつこく聞いてきた。
それでも俺は「イヤ、絶対無理。」と断った。
するとこの女は俺の耳元で「気持ち良い事してあげよっか?」と囁いてきた。
突然の事に俺は「えっ?!」と聞き返すと、「3000円くれたら口でしてあげるよ。」と言ってきた。
この女、馬鹿だが顔とスタイルはまぁまぁ悪くない。
俺は「でもどこで・・・?」と聞くと、2台分の休憩札を取りに行き、そのまま女の車まで連れて行かれた。
車内に入ると「じゃあチンチン出して。」といきなりの発言。
言われるままに皮被りのチ○ポを出すと、ジュパジュパしゃぶりだした。
俺はせっかくだからと大きめの胸を揉んだり、ジーパンの上から尻を触ったりしまくった。
そして約10分後、口内で放出。しかも飲み込んでくれた。
女は「いっぱい出たね~。」と満足そう。
約束の3000円を渡し、二人で台に戻った。
台に戻ると俺は相変わらず調子が良く出しまくったが、女の3000円は速効消えた。
俺は「うわ~、やっちゃったよ。」と思いながらその姿を見ていた。
すると案の定、「あと5000円貸して。」と言ってきた。
俺は「もうやめた方が良いんじゃないですか?」と言ったが、「今度は挿れても良いよ。」と言ってきた。
俺は喜んで「仕方ないな~」と答え、女の車へ向かった。
流石にパチ屋の駐車場じゃまずいと思い、店から少し離れた暗がりに移動した。
後部座席に移動し、二人とも下半身は何も身につけてない状態に。
ブラもはずし、早速オッパイに吸い付きながら手マン。
女はアンアン言いながら簡単に濡れていった。
そしてすかさず騎上位で挿入。もちろん生。
女は自分で腰を振りながら、物凄い喘ぎ様。
俺は妙に興奮して、発射寸前。
俺が「やばい、イキそう!」と言うと、女は「ちょ、ちょっと!中はマズイよ!」と言ってきたが、「1万払うよ!」と言うと「え~!」と言いながらも何も言わなくなった。
もちろん俺は中で大量発射。
女は「大丈夫かな~?!」とかぶつぶつ言っていたが、1万渡すとウキウキで店に戻った。
しかし、店に戻ると俺達の打っていた席は他の奴らが座っていた。
何と時間が経過しすぎて、店員が空き台にしてしまったのだ。
俺が出していた2箱は何とか返してもらえ清算できたが、可哀想なのは女の方。
女の台はメチャメチャ出しまくってた。
凄い悔しがり方だったが、仕方なく他の台を打ち、速効のまれていた。
俺は見ていられなくなり、店を出た。
その後、中出しした事もあり、その店には近づかなくなった。

タグ:人妻/中出し/不倫/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:友人達との泥酔乱交大会エッチ告白話



続きを見る

記事名:パートの欲求不満な豊満人妻エッチ小説



続きを見る

記事名:3Pで中出しされた人妻の浮気エロ告白話



続きを見る

記事名:エロ過ぎた役者の女性との濃厚セックス話



続きを見る

記事名:友人と野外露出プレイをしていた妻の不倫エロ告白話



続きを見る

↑ PAGE TOP

スマホ向けエロ体験談 エロ話JAPAN --> ナンパしてきたイケメンとのカーセックス人妻エロ体験話